人気の家族葬について知ろう

家族葬の人気は高まっている

最近のお葬式は、大規模で盛大に営むというよりも、核家族化をはじめとする家庭環境の変化により、小規模でプライベートなものになってきています。そのような流れの中で人気を集めているのが、家族葬です。家族葬について詳しく知らないという人は、この機会にどのようなものなのか知り、他のタイプのお葬式とあわせて検討してみてください。

家族葬とは一般葬や社葬などに比べて少人数で小規模なもので、会葬者の人数が30名以内のお葬式のことを指します。流れは、一般的なお葬式と同じです。お通夜も告別式も通常のように執り行います。家族葬という名前から、故人の遺族のみが参列するものであると認識している人が多いのですが、必ずしもそうではありません。確かに家族葬というと、本来は遺族だけで行うお葬式のことを指しますが、親族や友人、知人を呼んだ場合でも少人数であれば家族葬といいます。最後のお別れのときを家族だけで過ごしたいと考える場合は、親族も呼ばずに遺族のみで執り行う場合もありますが、親族や故人と親しかった友人や知人にも参列してほしい場合は呼ぶことができます。

家族葬にはどの人をどこまで呼ぶかといった決まりはありませんので、誰を呼ぶのかということで悩むかもしれません。参列者を選ぶ際の考え方として、喪主や遺族が「この人に参列してもらいたい」と思う人は、参列してもらっていいでしょう。例えば、家族ぐるみの付き合いがあった友人で、その人に参列して一緒に故人を弔ってほしいと思う場合、呼ぶのに問題はありません。

参列してほしいか判断に迷う人がいる場合、その人は呼んでおいた方が無難です。なぜなら、故人と親しい人の場合、後日「どうしてお葬式に呼んでくれなかったのか」と問われることがあったり、弔問のために自宅に訪れたりすることがあるからです。呼ばなかった理由を明確に説明できない場合や、自宅に弔問に来られては困る、対応できないという場合には、できるだけ友人や知人も呼んでおきましょう。

家族葬を行うには、各葬儀社が提供している家族葬プランを選択します。ただし、同じようなプランであっても、どの葬儀社で行うかによって内容や費用は異なります。葬儀社によっては、必要な物品やサービスを基本料金に含まずに、オプション料金として追加の金額を請求されることもありますので、提示された金額だけではなく、追加料金の有無や内訳とその金額を事前によく確認しておくことが大切です。

最新投稿